デザイナーズマンションという言葉が一般的になったのは

都心で住むのはマンションというのはもはや一般的な事柄であると思うのですが、デザーナーズマンションという言葉から受けるイメージとはどういうものなのでしょうか。もちろん昔からマンションを建てる際には必ずその建物をデザインする人物がいた訳でことさらデザイナーズを付ける意味合いが無いのでしょうか。
ここでデザイナーズマンションを定義したいと思いますが、要点は2つ二なるかと思います。まずは見た目のデザインです。エントランスから自身の部屋に至るまで細かなデザインや洗練を行われているものを見るとデザイナーズマンションであるという納得ができるかと思います。
本来はこちらの方が大事なのですが2点目は機能性をデザインされているという事です。近年はこちらの方が重用しされているように思います。生活を行う上でしっかりと機能が計算され日常生活をスムースに行う事が出来る。尚かつ収納面などもしっかりと計算され煩雑なイメージや雑多な印象を受けずあまり生活臭を感じさせないものがでデザイン的に優れたものであるという事ができると思います。